固体潤滑コーティング剤金属用αコート®

  1. HOME > 
  2. 製品情報 > 
  3. αコート® > 
  4. 金属用αコート®

金属部品の摩擦・摩耗トラブル問題解消

金属の摩擦・摩耗のトラブルには例として以下の様な事象が挙げられます。

  • 焼き付き
  • 凝着摩耗
  • フレッチング摩耗
  • アブレッシブ摩耗

勿論これらには、金属表面の硬さ、粗さ、ヤング率など素材面の要因や、温度や雰囲気などの環境条件の要因などがあり、これらのトラブルを解消する方法としては、摩擦する金属表面の直接接触を避けることが一般的です。その代表例が潤滑油やグリースで、油膜を形成し、いわゆる流体潤滑状態を維持し、最適な潤滑効果をもたらします。しかし、これらは金属表面の粗さ、潤滑条件である荷重、速度の影響を受けやすく、金属同士の直接接触を回避できない場合が多く見られます。この様な場合にαコート®は固体潤滑膜により直接接触を防止することで、様々な摩擦・摩耗のトラブルを解消します。

豊富なバリエーション

金属の材質、硬さや要求特性に応じ、数十種類のバリエーションを取り揃えております。詳しくはこちらまでお問合せ下さい。

適用材質

  • ステンレス
  • アルミ
  • 各種ダイカスト
  • 真鍮

※部品の材質、表面性状、硬さ等、その特徴と潤滑目的に応じて、コーティング剤を選定し、ご提案します。

ドアロック

自動車のスイングドア、スライドドアは静粛性を高めるためドアウェザーストリップの反力が大きく、その反力がドアロックのロック部に掛かり、ドアハンドルの解除力が大きくなります。このロック部に固体潤滑被膜をすることにより、摺動性を向上させ、ドアハンドルの解除力を低減すると共に、操作フィーリングをスムーズにします。また、グリース切れによる金属の齧りを防止する効果もあります。

プランジャ

車載用、ガス、遊技台など様々な分野の電磁弁に使われるプランジャに固体潤滑被膜をすることで、プランジャが作動する際に生じる摩擦を低減し、力の伝達効率を向上させます。プランジャの様々な使用環境に合わせ、コーティング剤をご提案致します。

バネ

自動車、モーター、機械など様々な分野に使用されているバネにαコート®を塗布することにより、板間の擦れる異音を防止したり、バネの折損を防ぐなど、潤滑耐久性が向上します。

排気系ガスケット

高温の燃焼ガスにも優れたシール性を発揮する耐熱コーティング剤です。特殊無機バインダーが高温でも残存し、層状構造を有するファインセラミツクスと組み合わせることで、潤滑性、耐熱性に優れます。

ガタ防止

嵌合部の軸にαコート®をすることにより強靭で柔軟な被膜が得られ、クリアランスによるガタ・異音を防止することができます。

加工前

加工後

金型離型

フッ素高分子特有の非粘着性や潤滑性を利用し、金型に塗布することでゴムやプラスチックの脱型を容易にします。成形品への離型剤の影響が少なく、持続性にも優れています。

電着塗装のマスキング

電着塗装において、例えば自動車のボディパネル等は、メッキと同様に槽に入れられ、電気を通し塗装されます。αコート®を塗布することにより絶縁被膜が得られ、不要な箇所への電着塗装のマスキングが可能です。

お問い合わせはこちら